GRAPES RECOMMEND ITEM vol.1 FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)

2020.10.09

FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)

TOPICをご覧の皆様、初めまして。
香川県高松市にございますセレクトショップ“GRAPES(グレープス)”のスタッフ、但野(タダノ)と申します。
本日からメンズのオススメ商品を紹介していきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
さて、記念すべき初回に紹介致しますのは、新鋭の国内ブランド「FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)20AW Collection」。
デザイナーは、ブランドの名前にもなっている丸龍文人(ガンリュウフミト)。
世界的にも有名なCOMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)のレーベルブランド「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARCONS)」のデザイナー渡辺淳弥(ワタナベジュンヤ)のもとでパタンナーとして実績を積み、ロックテイストをストリートスタイルに変化させた自身のブランド「ガンリュウ・コム デ ギャルソン(GANRYU COMME des GARCONS)」の設立を依頼されました。
しかしながら2017年、オフィシャルな発表を出すことなく、ガンリュウ・コム デ ギャルソン(GANRYU COMME des GARCONS)はこのブランドに幕を下ろしました。
来る2年後の2019年春夏コレクション。
突然の復活をピッティ・ウォモの一部として発表し、ファッション業界に再びその名を轟かせました。

シーズンテーマ

再デビューから4シーズン目を迎える2020年秋冬コレクション。
シーズンテーマは“Overprotection(過保護)”。
現代におけるこの動向を「着る」と言うインタラクティブな動作へと変換し、肯定すべき点を感じ取りながら、同時に危険性を孕む未来の構図が見えてくるのではないかとFUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)は考えます。
静かに緩やかに、確かに進む、脆弱化と思考停止への系譜に警鐘を鳴らしつつ、自らの主観で感じ、考え、行動に移すことを唱えました。
その為に必要な服のあるべき姿を求めたコレクションになっています。 それは、今の、そして少し先の未来の為に実用的かつ心理的な意味合いを込めた、救援の形ではないでしょうか。

ディテール

では早速、商品の紹介をしていきましょう。

FUMIO GANRYU/フミトガンリュウ
Lapelled down jacket/ウールポリエステルラペルドオーバーサイズダウンジャケット
¥138,000(税抜)
カラー:BLACK
サイズ:2
当店でイチオシのスペシャリティなダウンジャケット、“Lapelled down jacket(ラペルドダウンジャケット)”です。
昨年2019年秋冬コレクションで登場したこちらのダウンジャケットは、FUMITO GANRYU(フミトガンリュウ)の代名詞と言っても過言でない、外せないアウターではないでしょうか。
昨年と比べると、表地がナイロンからウールに変更されております。
クラシックラペルを採用し、胸ポケットとフラップ付きポケットにサイドベンツ。
一見するとテーラードジャケットをダウンに昇華したデザインですが、着目していただきたいのが大きく膨れ上がった袖です。

和服から着想を得た袖口は、たもとをイメージした広い袖口が特徴です。
これにより全体的なシルエットの崩しになっており、ジャケットであるのにどこか和のテイストも感じられるダウンジャケットとなっております。
日本人ならどこか懐かしみのある装いになるのはないでしょうか。

中綿はダウン90%に加えフェザー10%が使用されておりぜいたくな仕上がり。
フェザー混ですので保温性もバツグンと、実用性も兼ね備えた、まさに個性溢れる逸品です。
NDCJAPAN ONLINE SORE(エヌディシージャパンオンラインストア)で取り扱いのあるYohji Yamamoto POUR HOMME(ヨウジヤマモトプールオム)やCOMME des GARCONS SHIRT(コム デ ギャルソン シャツ)と言った和洋折衷、個性的なアイテムと組み合わせることで、うまく調和しながらも自身の雰囲気をより際立たせたスタイリングができるのではないでしょうか。
NDCJAPAN ONLINE STORE(エヌディシージャパンオンラインストア)にて詳細画像を含め掲載しておりますので、ご興味のある方は是非商品ページを訪れてみてください。

この他にもメンズ、レディース問わず、たくさんの商品を取り扱っておりますのでご一緒にご覧くださいませ。
それでは、次回の更新をお楽しみに!


GRAPESスタッフ
但野