GRAPES RECOMMEND ITEM vol.2 | AURALEE(オーラリー)

2020.10.21

五感

TOPICをご覧の皆様、こんにちは。
“GRAPES”(グレイプス)のスタッフ、但野(タダノ)です。
記事を書き出してからのここ数日、感情の豊かさとは何なのかと、考えるようになりました。
何を書こうか、どんな内容にしようか、五感で感じることを日々意識しながら過ごしていると、変なことを考えるものですね…。
最近は朝晩寒くなり、すっかり秋、紅葉の季節となりました。
街を歩くと半袖の人はほとんどいません。
服好きの使命なのか、僕は季節の変化を、(景色はもちろんですが、)はじめに街行く人々の服装で感じることが当たり前となっています。
スーツ、普段着、制服等々…。
もともと人間観察が好きなので、このようになったのかもしれませんね(笑)
これもまた、個人の感情による、季節との結びつきなのでしょうか。
二回目の更新にして、独り言を書き込んでしまいました。
店頭でのお客様とのお話の時もそうなのですが、小話は割と好きなので、お許しください。

AURALEE(オーラリー)

さて、すっかり話が逸れてしまいましたが、今回ご紹介したいブランドはAURALEE(オーラリー)。
今ではフランス、パリでコレクションを発表するようになり、若者を中心に知らない人はいないのではないかと思う、日本を代表するブランドです。
AURALEE(オーラリー)のデザイナー岩井良太氏は、もともとNORIKOIKE(ノリコイケ)や Filmelange(フィルメランジェ)でデザイナーやパタンナーを経験していました。
どちらも上品かつ上質な素材使いが特徴のブランド。
このバックボーンがあり、今のAURALEE(オーラリー)があるのではないでしょうか。

今シーズンの主役はスリーピースの、生地、柄が揃ったスタイリング。
それは、ジャケット・ベスト・パンツのスリーピースではなく、ニット・シャツ・パンツだったり、ジャケット・シャツ・パンツだったり。
今回“GRAPES”(グレイプス)に入荷した商品は、中でも特にクリーンで上質なスリーピースです。

ディテール

では、商品を見ていきましょう。

AURALEE / オーラリー
WOOL FULLING FLANNEL JACKET/ウールフランネルジャケット
【A20AJ01CF】
¥58,000(税抜)
カラー:CHARCOAL/BEIGE
サイズ:3

「コレクションのインスピレーションは多様な形で現れます。
その日の天気だったり、日々の生活を取り巻く色だったり、旅だったり。
でも一番のインスピレーション源は、素材や生地そのものですね」。
そう語るAURALEE(オーラリー)のデザイナー岩井良太氏は、コレクションの創作時間の大半を、上質な生地の選定にかけています。
こちらのジャケットは、ニュージーランド産のスーパー160’sウール原料を使用。
超極細番手の紡毛の杢糸に紡績して織り上げた生地を、時間をかけて限界まで縮絨させたフランネル素材に仕立てています。
その杢糸を使用することで染色の際に柔らかい色味になり、光沢感と滑らかな素材感が際立っています。
袖通りの良いように、袖裏地にキュプラを仕込み、ストレスフリーな着心地と軽やかな見た目を演出。
オーバーサイズでゆったりとしたシルエットにより、時代の流れに沿ったジャケットに仕上がっています。

AURALEE / オーラリー
WOOL FULLING FLANNEL SLACKS/ドローストリングウールフランネルスラックス
【A20AP03CF】
¥38,000(税抜)
カラー:CHARCOAL
サイズ:3
パンツも、ジャケットと同じくニュージーランド産のスーパー160’sウール原料を使用したフランネル素材。
(ジャケットと同素材の為、割愛させて頂きます。)
シルエットは生地の軽さからなる、重力に抗わずストンと足元に落ちる中太タイプ。
ウエスト部分にはベルトループのないあっさりとした仕上がりで、紐を縛ることで調節が可能となっています。

AURALEE / オーラリー
WOOL FULLING FLANNEL CLOTH SHIRT/フライフロントフランネルシャツ
【A20AS02CF】
¥36,000(税抜)
カラー:CHARCOAL
サイズ:3
こちらもジャケット、パンツと同じくニュージーランド産のスーパー160’sウール原料を使用したフランネル素材。
比翼仕立てのボタンフライですが、着脱のしやすいようスナップボタンが採用されています。
ジャケット、パンツ、シャツと非の打ち所がない、上質な仕上がり。
毎年お問い合わせの多いセットアップですが、軽くしなやかな生地感ゆえに、例年以上にロングシーズン着用できます。

AURALEE=日の当たる場所

AURALEE(オーラリー)のデザイナー岩井良太氏は、五感から感じ取った天気や、景色、色、そして素材をインスピレーションとしてコレクションを創作しています。
毎シーズン上質なコレクションが出来上がっているのは、言葉では言い表せない程の膨大な知識と繊細な感覚からであると考えます。

「自分の名前(岩井良太)をブランド名にするのはきまりが悪いし、シンプルで覚えやすいものがいいなと思っていました。
”AURALEE”は古いアメリカ民謡のタイトルです。
初めはどういう意味かは知らなくて、なんだか心に残る音の響きが気に入りました。
後から言葉の意味を知ったのですが、それもしっくりきました。
自分のコレクションには朝の光が似合う気がしたから」。


GRAPES
但野